スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「全部諦めよう」のプレーリスト
寝れない日の二日目、時間ありすぎるから仕事がガンガン進んでる(笑)。。

「全部諦めよう」のプレーリスト:

Rory Gallagher "Crest of a wave" (Deuce, 1971)

rory_gallagher.jpg


Rory Gallagherは本当のロックンロールのステレオタイプだと思います。お酒を飲みすぎて、47歳に肝硬変で亡くなってしまったのRory GallagherはブルースとR'n'Rのメージャーギタリスト。Roryのライブを見たことある人は忘れられないらしい。
一曲でRoryのイメージを纏めると、"Crest of a wave"はバッチリ。

The Strokes "Last nite" (Is this it, 2001)

strokes.gif


最近のRock/Popのバンドがかなり嫌いけど、The Strokesは味があると思う。TelevisionとかVelvet Undergroundに近いのThe Strokesは60年代のガレージロックの音たっぷりです。シンプルなアレンジメント、ナイーブの歌詞でも、曲のメッセージは直接に聴ける。自分でロックスターになれば、"Last night"を歌いたいです。

60 Ft. Dolls "Stay" (The Big 3, 1997)

60FtDolls01.jpg


日本に来る日の昨晩に60 Ft. DollsのCDを友達にもらって、飛行機の中でこのCDしか聴かなかった、頑固な僕です。"Stay"を始めて聴いたときに、全く知らない人の家で遊んでたけど、またこんど詳しく説明する。。ちなみに、この"Stay"はちょっとThe Jamっぽくない??

このエントリーは長過ぎる。。コメント無しで:

The Clash, "London Calling" (London Calling, 1979)

The Dead Kennedys "California Uber Alles" (Fresh Fruit for Rotten Vegetables, 1980)

Body Count "KKK Bitch" (Body Count, 1991)

Los Planetas "Que puedo hacer" (Super 8, 1994)

Toy Dolls "Alec's gone" (Absurd-ditties, 1992)

Extremoduro "Standby" (Yo, minoria absoluta, 2002)

さあ、みんなのあまり元気じゃない時の良く聴くプレーリストも知りたいです!コメント、コメント!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
john cale
Velvet Undergroundで思い出したけど、John Caleが静かなピアノオンリーのインスト作品を出してて、よく聴いてたよ。
帰宅したらタイトル追記しますね。
92~3年前後のリリースだったと思う。

こいつがオレの「全部諦めようディスク」です。
世の中にはこんなに静かで寂しくて美しいものがあるんだ、って気持ちになるよ。

2006/08/25 (金) 12:54:09 | URL | まるる #41Gd1xPo[ 編集]
久々にJohn Caleの事を思い出してきた。Velvet UndergroundとLou Reedをたまに聴いてるけど、Caleのアルバムを聴く気分がなかなかならないですが、確かに聴くと心が静かになる。

2006/08/26 (土) 02:01:12 | URL | Jose #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Raise your voice! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。